タマホームの平屋建ての評判と価格

タマホームの平屋建ての評判と価格

タマホームの平屋建ての評判と価格

ローコスト住宅のタマホーム

タマホームといえば、坪単価25.8万円という安さを全面に押し出した広告を思いうかべる人も多いのではないでしょうか。
知名度のあるハウスメーカーの中でも特に低価格で、安く家を建てたいという人に人気があります。

 

特に「大安心の家」は人気商品の一つです。標準仕様の選択肢はあまり広くはありませんが、同価格帯の他社の住宅と比較すると、品質の高さは飛び抜けています。特に、コストを重視しつつ、オール電化にしたい人に人気があります。

 

以前は安さばかりを強調した広告が多かったですが、最近では機能や品質についても積極的にアピールうるように方向転換しています。
安く建てたいけど機能性も重視したい場合や、コストパフォーマンスを求める場合には選択肢に必ず入るハウスメーカーです。

 

タマホームの評判

タマホームは低価格ながらも注文住宅ならではの自由度があります。品質も高く、住みやすく安心できる住宅を手頃な価格で購入することができます。若い世代に特に人気の高いハウスメーカーです。
低価格ながら安っぽい雰囲気もなく、そこそこ良い家を建ててくれるという評価が多いです。

 

知名度も高く、価格も比較的安く、品質の高いバランスの取れたハウスメーカーです。ただ、これといった目立つ特徴もないため他社を選んでしまうというケースも少なくありません。

 

価格は設備や内装のグレードにもよりますが、坪単価28万円というのが目安です。

 

ただ、値段だけを理由にタマホームを選んでしまうのは危ないです。
坪単価20万円台という安さに引かれて契約する人の多いタマホームですが、思ったよりお金がかかってしまったという感想も多いです。坪単価25万という宣伝につられて契約したものの、実際には坪単価閑散で40万円以上になってしまったというケースもあります。

 

ただ、見積もり時点で「思ったより高い!」と驚いているような場合、太陽光発電や床暖房など高価な設備が見積もりに含まれているのが原因だったというケースも多いです。見積もりを比べる場合は標準仕様以外に何が含まれているかどうかをよく確認するようにしましょう。

 

また、間取りや設備等の自由度が低いという評判も多いです。「タマルール」と呼ばれることもあります。間取りによって価格が決まってしまっていて、好きなように建てられなかったという後悔をした人もいるようです。

 

た、間取りの成約はタマホームに限らず多くのハウスメーカーに見られるものです。建材をまとめて製造したり、工場で組み立てを行ったりする関係上、あまり自由な形を作れないのです。

 

基本的にこうした制約や価格の根拠は外から見えないことが多いので、タマホームのようにルールが明確なメーカーは良心的な部類です。

 

坪単価の注意点

タマホームの坪単価は25.8万円と非常に安いように見えますが、実際に坪単価×面積の値段で家が建つことはありません。
思ったより高くついてしまったという失敗談の原因の多くが、この坪単価によるものです。

 

坪単価は建物価格を面積で割って求めますが、家を建てるには他にもお金がかかります。例えば、水道や電気などの工事費は建物価格に含まれないことが多いですし、門や塀などの外構工事費も含まれません。他にも検査などの費用や税金などもかかります。
何を建物価格に含めて、何をそれ以外の費用とするかはメーカーによって異なりますが、建物価格以外に数百万円以上かかると考えておくべきでしょう。

 

さらにタマホームでは、面積の出し方も一般的な計算方法と違います。建物価格を延べ床面積で割るのが一般的ですが、タマホームでは施工床面積という数字を元に坪単価を算出しています。延べ床面積よりも施工床面積は広くなるため、坪単価をより安く見せていたのです。

 

タマホームに限らず、価格を安く見せようと坪単価に独自の工夫をしているメーカーは多いです。坪単価で住宅価格を比較する際は、広告に掲載されている価格ではなく、施工事例から自分で計算して坪単価を求めたほうが安心です。

 

GALLERI ART(ガレリアート)

タマホームといえば大安心の家ですが、平屋としてはGALLERI ART(ガレリアート)という人気商品があります。
ローコストメーカーというイメージの強いタマホームですが、GALLERI ARTは贅沢な平屋というコンセプトの商品です。大家族で住むのに向いた家ではありませんが、夫婦2人で生活するのにはピッタリの住宅です。

 

GALLERI ARTの特徴1:段差のない家

平屋ですから当然階段はありません。生活の導線がスムーズで、ストレスフリーな暮らしができます。年をとって足腰が弱っても不便になりにくく、老後の生活を考える上でも平屋はベストな選択肢です。
標準仕様で長期優良住宅に対応しているのも魅力です。保証は最長60年で、終の棲家としても優秀です。

 

GALLERI ARTの特徴2:自然を感じやすい

平屋の住宅は、2階建ての住宅よりも外との繋がりを感じやすいです。坪庭を設ければ、お風呂やトイレからも自然の変化を感じ取れるようになります。
リビングから連続するウッドデッキを設ければ、開放感があるだけでなくリビングの延長のような形でウッドデッキを利用できます。

 

GALLERI ARTの特徴3:インナーガレージ

GALLERI ARTの最大の特徴がこのインナーガレージです。平屋とガレージが一体となっているため、大切な車やバイクを汚す心配がなく、盗難やいたずらを防ぐことにも繋がります。愛車の手入れもしやすく、車やバイクを趣味にしている人にとって魅力的な住宅です。

 

ガレージは駐車場としてだけでなく、子どもの遊び場や趣味のスペースとして活用することもできます。

 

価格は3LDKで1500万円ほどです。贅沢な平屋というコンセプトではありますが、比較的手の届きやすい価格設定です。

 

将来のこと考えた家づくり

ハウスメーカーを選ぶ際は今現在のことだけでなく、10年後、20年後の将来のことを考える必要があります。

 

購入時は新品の綺麗な家でも、10年経てばメンテナンスが必要になります。床や壁など外から見える部分については自分でも確認できますが、屋根裏や床下についてはプロによる点検やメンテナンスが必要です。当然点検にはお金がかかりますし、修繕や補修の必要があると分かればもっとお金がかかります。

 

タマホームは価格が安いため、アフターサービスやメンテナンスに不安を抱えている人が多いです。アフターサービスについての評判も、実際あまり良くありません。
ただし、タマホームは大手であるため、小さな住宅会社と違って、会社が潰れてメンテナンスが受けられなくなるというリスクは低いです。

 

家を買う時にいくら払うかというだけでなく、10年後、20年後にどのぐらいの出費をすることになるかという視点も重要です。

 

住宅展示場に行く時の注意点

ハウスメーカーや工務店を探したり、住宅の参考にしたりするために住宅展示場を訪れる場合、いくつか注意が必要です。

 

まず住宅展示場にある住宅は、展示のための住宅です。リビングも廊下も広く、実際の住宅の寸法とは違います。
また、内装も設備も豪華です。他のメーカーの展示に負けないよう、どこもこぞってグレードの高い内装・設備を仕様しています。キッチンや風呂などの設備だけでなく、ドアノブや窓などちょっとしたモノも高グレードのものが採用されています。気に入ったものがあった場合は、それが標準仕様なのかオプションなのかは必ず確認するようにしましょう。

 

住宅価格と諸経費

諸経費とは、住宅価格のうち、家を建てるのに必要な費用(建物本体価格+周辺工事+諸費用)を除いた費用のことです。諸経費は住宅会社の利益となります。

 

住宅価格のうちどの程度が諸経費となるかはメーカーによります。タマホームの場合は17%弱が諸経費となっています。
大手ハウスメーカーの場合、広告宣伝費や研究開発費用がかかっているため、諸経費の割合が高くなる傾向にあります。

 

ただし、諸経費の割合が高いからといって、悪いハウスメーカーだとは限りません。
確かに利益ばかり追求しているようで印象が悪く感じるかもしれませんが、重要なのは何%が利益になるかではなく、完成した住宅にたいしていくら払うことになるかということと、予算の範囲内で満足のいく住宅が建てられるかどうかということです。

 

1000万円のうち20%が利益になっていたとしても、要望通りの満足いく家が建てられれば家造りは成功です。反対に、利益の割合が10%で800万円の住宅を建てられたとしても、不満が残るようでは家造りは失敗といって良いでしょう。

 

一つのハウスメーカーだけでなく、大手から地元の工務店などいろいろな会社をめぐり、自分にぴったりの依頼先をみつけることが大切です。

トップへ戻る