積水ハウスの平屋建ての評判と価格

大手ハウスメーカーの積水ハウスの「シャーウッド」シリーズは、ハウスメーカーが扱う平屋建て住宅の中でも特に人気の高い住宅です。

 

積水ハウスのメリットはなんと言っても大手ならではの安心感と品質の高さです。
住宅は一生に一度あるかないかの大きな買い物です。値段も当然大切ですが、安心感や信頼感も非常に重要な要素です。

 

価格

大手ハウスメーカーの住宅となると、やはり価格は高めです。

 

一般的な住宅の坪単価は50万円程度ですが、積水ハウスの場合は坪単価に換算すると60万円程になります。ローコスト住宅の中には坪単価が40万円、中には30万円台のところもあります。決して安価な住宅とは言えません。

 

ただし、値段相応に品質も高いです。素材の質はもちろん、工事の品質も一定以上のものが期待できます。デザイン性も高く、たとえ標準仕様そのままで建てたとしても安っぽくは見えません。
シャーウッドの場合、使用する木材にもこだわっています。

 

また、住宅の価格はどこのハウスメーカー・工務店に依頼するかというだけでなく、間取りや設備のグレードにも大きく左右されます。
ローコストメーカーでも、変わった間取りを採用したり、グレードの高い設備や建材を仕様したりすれば、住宅価格は高くなります。
反対に、大手ハウスメーカーでも作りやすい間取りにしたり、設備のグレードを押さえたりすれば、思ったより低価格で建てることも可能です。

 

安心のアフターサービス

家を建てたらその後何年も暮らすことになります。新築の綺麗な家でも、時が経てば点検や修繕の必要が生じます。
快適に暮らしていくためには、外壁を塗り直したり、雨漏りがないか屋根裏を点検したり、床下にシロアリがいないかなどのアフターケアがかかせません。

 

大手ハウスメーカーは資本力があるため、十年後、20年後にも倒産している可能性が低く、長期間アフターサービスが期待できます。
小さな工務店やハウスメーカーの場合、数十年後も現在と同じようにアフターサービスが行われているとは限りません。

 

大手ハウスメーカーの住宅は地元の工務店の住宅に比べて高価ではありますが、こうしたアフターケアにかかる費用の一部を先払いしていると思えば、それほど高いものではありません。

 

木造と鉄骨造

「シャーウッド」は名前の通り木造住宅ですが、積水ハウスでは鉄骨造の平屋建ても取り扱っています。

 

木造は調湿性の高さや価格などのメリットもありますが、シロアリなどの害虫に弱いというデメリットもあります。長持ちさせるためには適切なメンテナンスがかかせません。
鉄骨は虫にやられる心配はありませんが、木造に比べると高価です。
その他にも構造によってそれぞれメリット・デメリットがあるため、自分によりピッタリあった方を選びましょう。

 

平屋は熱に弱い?

平屋建ては全ての部屋が屋根のすぐしたであるため、夏場は家じゅうが太陽熱で暖められてしまいやすいです。
さらに積水ハウスの「シャーウッド」は大きな窓を積極的に使用するため、開放感がある一方で、外気温の影響を受けやすいです。

 

そこで積水ハウスでは「アルゴンガス入り複層ガラス」を採用し、夏の暑さに影響されにくいように工夫しています。このような技術力の高さや、積極的な研究開発も大手ハウスメーカーを利用するメリットの一つです。

トップへ戻る